禁煙するって素敵ですよねー!!

禁煙すると家族が喜びます!!
禁煙すると素敵な事がたくさんあります!!

禁煙術「ビューティフル・ライフ」

不思議な禁煙術「ビューティフル・ライフ」

あなたは何故タバコを吸うのでしょうか?

おいしいからでしょうか? それとも、リラックスできるからでしょうか?

そもそも、最初のきっかけは何だったのでしょう?


私の場合は「好奇心」からでした。タバコを吸う行為がクールなものだと思っていました(笑)

20歳の頃はそんなものです。若気の至りというやつですね。

私はタバコについて次のように考えていました。
 

1.タバコは嗜好品

2.止めようと思えば止められるもの。自分でコントロール出来るもの。


そう思いながら、15年に渡って喫煙し続けていたのです。

止める気は全くありませんでした。

以前、友人が禁煙を始めたことがあったのですがそれがとても辛そうに見えました。


私は

「そんなに禁煙が辛いのなら、何でタバコを止めるんだろう?」

「タバコって好きだから吸っているんじゃないの?」

などと思ったものです。


そんな私が3年前のある日、タバコを止めようと思いました。

当時の私は日に3箱は吸っていました。それが3箱では済まなくなりそうになってきました。

このまま増え続けるタバコを想像した時の私はちょっとした恐怖に襲われました。

経済的な問題もありますが、

どう考えてみてもタバコは私たちの身体にとっては毒なのですから・・・。


「今止めないと、もっと増えてしまう・・・!」


それが最初の禁煙のきっかけでした。




けれども、最初の禁煙はすぐに失敗しました。


最初の1日はなんとかクリアしました。

しかし、1日中私の頭の中は「吸いたい!」という気持ちで一杯でした。

そう、まさに、いつでもどこでも。

2日目も辛い1日でした。

そして3日目・・・。

「今日で〇日目だ」と意識していること自体、タバコに意識が向かっている証です。

精神的には苦しくて苦しくてたまりません!

とうとう3日目の夜、タバコを1本吸ってしまいました!


「食後は喫煙してもいいことにしよう!」


笑ってください!!

おかしな話ですよね。

禁煙を始めたのにいつの間にか、
喫煙するための条件や理由を探していたのですから!!

「ストレスが多いから」
「飲み会の席だから」
「眠気覚ましに」

何とかして1本すうための理由を探している自分!!

ひょっとして、似たような経験はありませんか(笑)





「終わりのない、地獄のような苦しみと恐怖」


私はそれからもことあるごとに禁煙を試みました。

最初はとにかく、精神力で我慢、我慢、我慢です。

タバコへの欲求をアメやガムでごまかすうちに、間食が増えました。

徐々に過食になっていく自分がいました。

常にタバコへの欲求が付き纏い、辛くて辛くて本当に嫌になりました。

そして、欲求に逆らえずに1本吸ってしまう。

1本吸ったら、坂を転げ落ちるように元のペースに戻ってしまう・・・・・・。

私の禁煙はその繰り返しでした。

最後には「もう、どうにでもなれ!」という気持ちになってしまうのでした。



タバコを吸い続けている以上、身体には毒物が貯留していきます。

1日に60本も吸っていた頃はいつも体調が変でした。

私はいつまでも絡みつく汚い痰、酷い咳、ガラガラ声・・・、

そして、息苦しさに悩まされていました。

そのせいで睡眠も十分にとることが出来ず、常に寝不足と疲労感に襲われていました。

朝、起きると寝室が異常にタバコ臭いんです。

寝室で吸っていたわけでもないのに・・・・・・。

おそらく、私の体から呼気と共にタバコ臭が排出されていたのでしょう。

ある朝、鏡を見ると、そこに映っているのはまるで別人の顔でした。

青白く、生気に欠け、目が窪んだ、まるで廃人のような顔・・・。

私は恐怖に襲われました。

「こんなにも風貌が変わってしまった・・・」

「私の体の中はもう取り返しがつかない程に汚れてしまっているんだろう・・・」

「どうして、タバコなんて吸ったんだろう・・・?」

「こんなに辛い思いをするんだってことが分かっていれば、吸わなかったのに!」



| 禁煙
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。